防災グッズ 水 どのくらい必要 経験者 ! キャンプグッズ

防災グッズ 水 どのくらい必要 経験者 ! キャンプグッズ

2021/8/1修正して更新

 

防災グッズとしての水はどのくらい必要か・・・・

 

飲料水・生活用水・災害時に設置される給水車・給水所の支給水に分けて、記載しています。

 

飲料水の必要量

 

1日の飲料水の必要量は、年齢によって違いがありますが、成人2.5L・子供2L・赤ちゃん1L・高齢者2Lが目安となります。

 

東日本大震災の経験から、給水車・給水所の設置は、都市部3〜5日・山間部5〜7日です。

 

上記から計算すると、一人あたり1日2L×7日=14Lを目安にして備蓄すると、災害が長期化しても安心です。

 

飲料水の備蓄方法

 

ペットボトル・ウォーターサーバー・災害用備蓄水などの備蓄方法があります。

 

ペットボトルの備蓄方法からみていきます。

 

ペットボトルの備蓄方法

 

5年間保存可能な災害用備蓄水が市販されてますが、高価なものなので、ここではペットボトルでの備蓄方法を提案します。

 

高賀の森 5年保存水☆500ml(24本入)産直[500ml 24本入 5年保存水 保存水 非常水 保存食 非常食 非常用 ミネラルウォーター 防災用品 防災グッズ 地震 災害 備蓄用 保存用 産直]

 

ローリングストック法で、実際の人数よりも多めに備蓄しておき、消費した分だけ新しく買い足していく方法です。

 

⇒ローリングストック法とは

 

この方法であれば、備蓄用ミネラルウォーターを普段から使用し、「1ケース無くなりそうになったら新たに1ケース買い足す」ので手間がかかりません。

 

ウォーターサーバーの備蓄方法

 

水道水直結型・水道水補充型・ボトルありタイプの3種類の中で、最も最適なのはボトルありタイプ。

 

水道水直結型は、水道が止まれば使えなくなり×。

 

水道水補充型は、浄水タンクの容量が大きければ◎、最大で16Lの機種があります。

 

特殊な事例ですが、東日本大震災でキャンプグッズであるポータブル電源+水道水補充型ウォーターサーバーに井戸水を入れ、飲料水を確保していた自宅避難者がいました。

 

⇒水道水補充型ウォーターサーバーの選び方

 

ボトルありタイプは、ボトル1本あたり最大12Lの水が入っているので、飲料水として使えます。

 

ボトルありタイプ・水道水補充型ウォーターサーバーを飲料水として使う場合は、足りない分をローリングストック法でペットボトルで補うことが理想です。

 

生活用水の備蓄方法

 

キャンプ経験者であれば、20Lの給水タンクを使ってる方も多いでしょう。

 

その他、お風呂200L・洗濯槽50Lの水道水を備蓄することが可能です。

 

注意が必要なのは、備蓄した水道水を飲料水として使用する場合・・・・・

 

塩素の効果は常温で3日〜7日とされているため、この期間を過ぎた場合は、細菌が繁殖している可能性が高いので飲んではいけません。

 

また、細菌は空気で繁殖するため、給水タンクに水道水を入れる時は、容器の注ぎ口ギリギリまで水道水を入れることが大事です。

 

災害時に設置される給水車・給水所の支給水

 

非常用飲料水袋は、給水所で支給される防災グッズで、リュックタイプ・手持ちタイプがあり、一度に10Lの飲料水が支給されます。

 

【手持ちタイプ】

 

防災グッズ 水 どのくらい必要 経験者 ! キャンプグッズ

 

【リュックタイプ】

防災グッズ 水 どのくらい必要 経験者 ! キャンプグッズ

 

災害時に設置される給水車・給水所では、給水タンク・ポリタンクを持っていけば、一度に20Lの飲料水が支給されます。

関連ページ

防災グッズ 経験者 スマホ充電 ! キャンプグッズ
東日本大震災の経験者です。防災グッズ スマホ充電器キャンプグッズとしても使えるものをピックアップしています。モバイルバッテリー・乾電池式充電器・ポータブル電源・小型電源タップ・・・・・
防災グッズ 携帯トイレは何個 経験者 ! キャンプグッズ
携帯トイレと簡易トイレの違い⇒防災グッズの携帯トイレは何個必要、東日本大震災で避難所に仮設トイレが届いた日数は3日以内34%・4〜7日以内は17%。1日にトイレに行く回数は平均5回・・・・・
防災グッズ ウェットティッシュ 経験者 ! キャンプグッズ
防災グッズのウェットティッシュは口腔ケア用ウェットティッシュ・ボディ用ウェットティッシュ・コインティッシュがあります・・・経験者の目線から使い方を解説、またキャンプグッズとしても活用されています
防災グッズ ランタン おすすめ 経験者 ! キャンプグッズ
キャンプグッズ必需品のランタン、防災グッズとして使う場合のおすすめは⇒キャンプ用ランタンの選び方⇒防災グッズ用ランタンの選び方⇒ランタンの明るさチェック方法⇒経験者のおすすめ懐中電灯としても使用できる2Wayタイプ
防災グッズ ヘルメット付きヘッドライト 経験者
防災グッズとして使うヘルメット付きヘッドライトの用途は、主に夜間の見回り・行方不明者の捜索に使います。ヘルメット付きヘッドライトの選び方⇒明るさ・最大照射距離・照射範囲・乾電池式・バッテリー式・ハイブリッド式・実用点灯時間
カセットコンロ アウトドア イワタニ おすすめ ! 防災グッズに必要
アウトドア用のカセットコンロは防災グッズに必要、自宅避難者には必需品。アウトドア用カセットコンロは風よけ機能が付いているかがポイント⇒カセットコンロアウトドア用イワタニ検索、楽天・Amazon・Yahoo!ショッピング