山菜の病気予防効果!選び方

山菜

 

山菜の中にはワラビやゼンマイのように、アク抜きする事で、含まれる発ガン物質を無害に変えるという操作が必要なものがあります。

 

また、ギシギシやスイバのようにシュウ酸が多いので重曹を入れた熱湯でさっとゆでるものもあります。

 

しかし、多くの山菜は、そのような毒性を持たない為、アク抜きの操作が味の損失を招いているだけであるのをご存知でしょうか?

 

アク抜きする事で、山菜本来のよさである各種ミネラルをはじめ、ビタミン等は水溶性化合物となってお湯の中に流出してしまいます。

 

その結果、ただの繊維だけを食べているだけという事が多いのです。

 

アク抜きが健康に有益な多くの物質をなくしているのは事実です。

 

当然ですが、山菜本来の美味さも失われ、まずくなります!

 

その点、山菜を焼いて食べると、すべてのビタミン、ミネラルはまるごと摂取できます。

 

詳しい仕組みは分かってませんが焼いて食べるとおいしくなり本来、摂取できる栄養分が全部からだの中に貯まるようです。

 

ワラビ

 

タケノコ

 

フキノトウ

 

タラノメ

 

フキ

山菜を採ったままの状態で持ち帰るには

山菜採りにいって、帰ってきたら、採った山菜が「クター」っとなって、鮮度が悪くなってしまいます。

 

これでは、せっかく採りにいったのに喜び半減しますよね。

 

そこで、山菜採りに行く場合、「クーラーボックスに氷水を入れて持っていく事」。

 

そして、採った山菜を入れて持ち帰る。

 

こうする事で、採ったままの状態で食すことができます。

 

鮮度が悪い(採ったまま持ち帰ると)状態だと山菜の旨味がなくなり、苦味(アク)だけが残ってしまい、山菜本来の味、旨味や栄養効果も期待できなくなります。

 

山菜にはミネラルが多いので骨粗しょう症の予防にもなります。

 

普段の食生活でミネラルが不足したら、骨を溶かして代謝に使われてしまいます、この為骨粗しょう症になるのです。

 

私が薦める食べ方は、ごく簡単なことです。

 

近くの野山、田んぼの畦等でも取れる山菜もありますので、試してみてください。

 

今回、紹介した山菜は近くの山や畦などで取れるものです。

 

買ったものよりも、ただの山菜の方が栄養たっぷりです。

 

また、ただの山菜は自然のままに育てられているので美味しいのです。

 

時間があったら、採りにいかれる事をお勧めします。

 

また、その節は、ぜひ、子供達もご一緒に!

山菜の病気予防効果!選び方記事一覧

2020/3/4修正して更新ワラビの病気予防効果わらびの薬効としては、利尿作用があります。また食物繊維が多く、便通も促します。微量ですがカリウムやビタミンCも含まれます。しかしビタミンB1を破壊する酵素が含まれ、アクには発ガン性があるなど、あまり、かんばしくない風評がありますが、季節の味や香りを楽し...

2020/3/4修正して更新タケノコの病気予防効果多くの人は取ってきたら、すぐ、ゆでてアク抜きします。しかも次の日までゆで汁につけたままにしています。販売されて入るタケノコは、そのまま数日、それ以上、長く置かれているようです。こうしてアク抜きされたタケノコを料理しても、タケノコを食べているのではなく...

2020/3/4修正して更新フキノトウの美味しい食べ方春早くの蕾のフキノトウはアクはないのでそのまま料理してたべても栄養価は逃げません。しかし、花が咲いてしまったフキノトウを食べた人は少ないでしょう。花の咲いたフキノトウを丸ごと火の上で焼き、一部焦げた状態にします。これを焼肉で巻いて食べるのです。フ...

2020/3/4修正して更新タラノメの美味しい食べ方芽が伸びすぎた場合に焼いて食べるのはいいのですが、まだ、あまり伸びていない時は、アクの味が強いので味噌をつけて田楽のようにして焼くとおいしく食べれます。

2020/3/4修正して更新フキの病気予防効果フキの原産地は日本の野山ですから、日本人にはなじみの深い山菜です。私はフキの煮物・あえ物などが、食卓に並ぶと「春が来た」と実感します。栄養的には、茎に刻まれている筋を見てもわかるように、食物繊維を多く含んでいることです。食物繊維は便通を整え、最近の日本人...