遺伝子組換えの米銘柄!使用している外食店は

遺伝子組換えの米銘柄!使用している外食店

2020/12/1修正して更新

 

遺伝子組換えの米銘柄と使用している外食店について記載します。

 

三井化学の遺伝子組換えの米銘柄「みつひかり」は、吉野家が使用中

 

住友化学の遺伝子組換えの米銘柄「つくばSD1」は、セブンイレブンのおにぎりに使用中

 

モンサントの遺伝子組換えの米銘柄「とねのめぐみ」は、現時点で契約してくれる外食店を探している最中

 

但し、3社のコメは正確にはF1品種と発表されています。

 

ですが、強力な農薬耐性米となり生産者からすると、遺伝子組換えなくしては出来ない稲(米)と考えざる負えません。

 

もしかしたら「元農水相 山田正彦さん」がコメントされていたことと、関係があるのかもしれません。

 

→遺伝子組換え食品表示が変わる「元農水相 山田正彦」

 

オーガニック生産者の一言アドバイス

 

農薬耐性米とは、例えば殺虫剤を使用しなくとも害虫駆除できる米のこと。

 

害虫が嫌がる遺伝子を米の遺伝子に組み込み、殺虫農薬を使用しなくとも殺虫効果が期待できる米品種。

 

過去に試験田を見たことがありますが、殺虫農薬を使っていないのに、ヤゴ(トンボの幼虫)の死骸が多数あったことを記憶しています。

 

 

関連リンク

 

おいしい無洗米の選び方

 

おいしい玄米(お米)の選び方と保管方法

 

お米の選び方!おにぎり 前日のご飯

 

木村式! 自然栽培 玄米 通販