血管年齢を改善する食べ物

血管年齢を改善する食べ物

2020/7/5修正して更新

 

自宅で血管年齢を調べる方法

血管年齢が実年齢と比較し、高いのか低いのかは、自宅で使える血圧計の測定値でも知ることが可能です

 

平均血圧と脈圧を計算します。

 

・平均血圧=下の血圧+(上の血圧ー下の血圧)÷3 の値が90以上なら要注意

 

・脈圧=上の血圧ー下の血圧 の値が60以上なら要注意

 

平均血圧は、毛細血管の動脈硬化が進んでいる可能性大。

 

脈圧は、大動脈の動脈硬化が進んでいる可能性大。

 

上記の要注意数値になったら病院で頸動脈エコー検査を受けることをおすすめします。

 

動脈硬化予防に効く食べ物
野菜(下記リンク先で確認下さい)

玉ねぎ

 

トマト

 

さつまいも

 

なす

 

フキ

 

果物

【みかん】

 

みかんのビタミンEの抗酸化作用で、血液中のコレステロールが増加して血管に沈着して起こる動脈硬化を防いでくれます。

 

【レモン】

 

レモンの皮や袋が、コレステロール吸収を防ぎ排泄し、血管の壁にコレステロールが付着する動脈硬化を防ぎます

 

その他の食べ物

【マグロ】

 

マグロに含まれる、エイコサペンタエン酸やドコサヘキサエン酸はリノール酸よりコレステロールを下げる作用が強く、血液中の血小板が凝固するのをおさえます

 

この作用により動脈壁の血小板付着、血栓を防ぎます

 

【キノコ】

 

キノコ類の含まれるエリタデニンが、血管壁に沈着する動脈硬化を防ぎます

 

【ブタのヒレ肉】

 

脂肪分が少ないため、老人ボケとなる脳動脈硬化、動脈硬化を防ぎます

 

【ローヤルゼリー】

 

ローヤルゼリーのパントテン酸が、血管壁にたまった脂肪・コレステロールを取り除いてくれます

 

【胚芽米】

 

胚芽の部分に含まれる、リノール酸の抗過酸化作用により、コレステロールを取り去ります

 

【緑茶】

 

緑茶の含有成分タンニンが、過酸化脂質を取り除いてくれます

 

過酸化脂質はインスタント食品や冷凍食品などに多く含まれます。

 

【大豆油】

 

大豆油に含まれる、リノール酸の抗過酸化作用により、コレステロールを取り去ります

 

【玄米】

 

玄米のぬかにはリノール酸が豊富、コレステロールを取り除いてくれます

 

また、リノール酸は身体の代謝を高めるため、肥満対策の減量食にもなります。

 

 

 

⇒内臓脂肪減らす食べ物,お茶,酢,薬

 

⇒高脂血症(脂質異常症)食事とサプリメント

 

⇒血圧下げる食事とお茶とサプリ

 

⇒血糖値下げる食事と飲み物