キャベツの病気予防効果!野菜の選び方

キャベツの病気予防効果!野菜の選び方

キャベツの病気予防効果⇒栄養価の高いキャベツの選び方⇒オーガニック生産者の一言アドバイス⇒野菜の残留農薬を簡単に除去する方法⇒賢い主婦の節約技!ふるさと納税で野菜をもらう方法の順に確認下さい

キャベツ

【お知らせ】


 

●農家直送サイトの産直アウル・食べチョク・ポケットマルシェ3社の杵つき餅の出品数

 

杵つき餅 通販 ! 農家直送

 

 

 

●冷凍マグロの解凍方法

 

冷凍マグロの解凍は氷水 ! 急ぎの場合は温塩水

 

 

 

●カニ通販で失敗しない選び方

 

タラバガニ・ズワイガニ・毛ガニ 通販 ! 失敗しない選び方

 

2022/12/1修正して更新

 

 

キャベツの病気予防効果

ビタミンC含有量が多いキャベツは風邪の予防・美肌効果・ストレス緩和。

 

また、外葉には強い抗酸化作用を持つカロテン、カルシウム、食物繊維、血液凝固を助けるビタミンKも含んでいます。

 

胃腸薬のキャベジンはキャベツのビタミンUを抽出し作られています。

 

粘膜損傷を治癒する作用があり、胃潰瘍・十二指腸潰瘍の予防、肝臓の解毒作用に効果があります。

 

毎日、晩酌する方は、是非、つまみの一品に加えましょう(笑)。

 

栄養価の高いキャベツの選び方

【カットキャベツを買うときは芯に注意】

 

1.春キャベツと夏秋キャベツは、触ってみて弾力があり、隙間があって巻いているものがベター

 

2.冬キャベツは、固くて隙間なく巻いているものがベター

 

3.外葉は緑色が濃く、ツヤがあるものがベター

 

4.カットキャベツは芯が高いものがベター 

 

※キャベツの高さに対し芯の高さが占める割合が2/3くらいのものがベター。上図の赤い矢印の部分が芯の高さです

 

オーガニック生産者の一言アドバイス

 

野菜はなるべく旬のものを買おう

 

理由は、旬ものは栄養豊富で値段も安いだけでなく、季節に逆らって無理に作られていない為、無駄な農薬や肥料(硝酸態窒素が少なくなる)を使わないでも栽培できるからです。

 

現在、使用されている農薬の多くは、太陽の光を浴びる事で減少します。

 

ハウス育ちよりも露地栽培の方が安心です。

 

関連ページ

 

野菜の残留農薬を簡単に除去する方法

 

野菜・果物の鮮度を保つ「P-プラス野菜保存用ジッパー袋」

 

2020!ふるさと納税 野菜 定期便 還元率 おすすめ