食べ物の放射能を減らす方法

食べ物の放射能を減らす方法

2020/1/5修正して更新

 

味噌と納豆が含有するジピコリン酸

 

 

ジピコリン酸はストロンチウム90などの放射性物質を排出作用があります。

 

特に排出作用が強いのはカリウムの多い豆味噌です。

 

⇒味噌の選び方

 

醤油

 

醤油には味噌には劣りますが、放射線照射で壊された小腸を再生する作用があります。

 

⇒醤油の選び方

 

梅干し

 

被爆した方の特徴として、唾液の分泌量が減少している傾向が見られます。梅干しが持つクエン酸は、唾液の分泌量を増やし放射線物質を排出します。

 

また、梅干し自体は放射線貧血に対し効果的で、血液浄化と解毒・殺菌作用があります。

 

玄米

 

玄米の外皮は抗酸化作用があり、放射線による悪性貧血に有効です。

 

りんご

 

チェルノブイリ原発事故時の治験では、アップルペクチン含有食品を21日間食べた子供のセシウム減少率は63.6%、食べていない子ども達は13.9%

 

オーガニック生産者の一言アドバイス

 

最大の対策は放射能数値の低い食べ物を手に入れる事ですよね

 

食材別に放射性セシウム・ヨウ素検査/食品添加物対策/非遺伝子組換調査/残留農薬検査の対応状況比較

 

どこが安全な食材!宅配食品比較