偽物横行!オリーブオイル本物おすすめ

オリーブオイル

 

2020/5/5修正して更新

 

今、出回っているエキストラバージンオリーブオイル、ほとんどが偽物!!

 

 

こんな記事を目にした方も多いと思います。

 

騙されないために、オリーブオイルの種類から見ていきましょう。

 

国際オリーブ協会(IOC)は、3種類区分

 

@バージンオリーブオイル

 

化学加工せずオリーブの実だけを絞り、ろ過した商品、酸度2%以下。

 

バージンオリーブオイルの中でも、エキストラバージン・オリーブオイルは、酸度0.8%以下の商品となります。

 

絞りたての果実ジュースと同様に、一番、効能があります。

 

 

Aピュアオリーブオイル

 

精製オリーブオイルに、エキストラバージンオイルを2%ほど混ぜた商品。

 

日本でのオリーブオイル表記は、ピュアオリーブオイルと思って間違いないでしょう。

 

 

B精製オリーブオイル

 

オリーブオイルの搾りかすを化学処理し、臭い・酸味・色などを取った商品。

 

大豆油やキャノーラ油を混ぜた商品も多数、出回っています。

偽物エキストラバージンオイルが多い理由

IOCに加盟していない日本では、JAS(日本農林規格)が定めており、オリーブオイル・精製オリーブオイルの2種類しかありません。

 

ですから、スーパーなどが「エキストラバージンオイル」表記しても、さほど問題にならないのです。

 

 

IOC規定のエキストラバージンオイルとは!!

 

 

*オリーブの実のみ原料

 

*酸度0.8%以下

 

*コールドプレス製法

 

*風味が良い


偽物オリーブオイルを食べ続けると!

トランス脂肪酸を含有する精製オリーブオイル

 

@トランス脂肪酸は、心臓病・動脈硬化などの病気を誘発する食品添加物に指定されています。

 

アメリカでは2018年6月まで使用禁止決定、ヨーロッパでは既に使用禁止している国があります。

 

A酸化の度合いが高い精製オリーブオイルは、過酸化脂質が多くなり、発がん性のリスクが高まります。

 

B大豆油やキャノーラ油を混ぜた商品は、アトピーなどのアレルギーが悪化するリスクが高まります。

 

偽物オリーブオイルにはポリフェノール含量がほとんどない

 

本物のオリーブオイルはポリフェノール含量が高く、アンチエイジング効果(老化防止)が期待できますが、偽物オリーブオイルにはポリフェノールがほぼなく老化を促進します。

 

 

本物オリーブオイルの保存方法

容器

オリーブオイルの劣化の原因は、光と空気。

 

そのため、ペットボトル・透明なガラスビンに入った商品は避けましょう。

 

光が通らないダークトーンに入ったオリーブオイルがベターです。

 

保存方法

オリーブオイルは熱に弱いため、温かい場所に置くと劣化の原因となります。

 

逆に、冷蔵庫に保管すると固まってしまうため、料理に使う場合は困ってしまいます。

 

なので、涼しくて日が当らない場所がベターとなります。