病気予防の食べ物

食べ物の好き嫌いで分る病気

病気予防の食べ物記事一覧

2020/11/1修正して更新牡蠣・卵・のり・チーズ嫌いは要注意!身体の亜鉛不足の症状は、味覚障害が代表的。その他、肌荒れ・にきび・口内炎・脱毛、性機能の低下などが挙げられます。また、妊娠中の胎児や子供さんの場合、発育不全・成長障害の要因となります。この理由として亜鉛は、体内のタンパク質合成・DNA...

2020/11/1修正して更新目の老化は、パソコン・スマホが普及している現在、個人差はあれど40歳前後、早い人になると30代中ばから初期症状が現れているとされています。目は身体の老化とも関連性があり、普段から目に良い栄養素を摂取すれば、身体の老化予防にも効果的です。アントシアニンアントシアニンは視力...

2020/11/1修正して更新悪玉コレステロール(LDLコレステロール値)は、肝臓から血液と共に体内の細胞に運ばれます。善玉コレステロール(HDLコレステロール値)は、体内の細胞内の余ったコレステロールを回収し肝臓に戻す作用があるため、血液中の過剰なコレステロールを減少させることが出来るので善玉と呼...

2020/11/1修正して更新レバー・貝類(アサリ・シジミ)嫌いは要注意!年齢問わず女性に多発する貧血、めまいや立ちくらみが突然、襲ってきて不安になってる方も多いと思います。ほとんどの方は、鉄分不足だと思っていますが実は、色々な原因があります。ここでは、食事の栄養素不足から起る貧血の種類をみていきま...

2020/11/1修正して更新高血圧は一次性高血圧・二次性高血圧に分けられています。一次性高血圧日本人の高血圧は、9割が一次性高血圧。別の病状やホルモンの異常などない高血圧の総称で、本態性高血圧とも呼ばれます。遺伝的要因・乱れた生活習慣が要因となり発症します。生活習慣病と言われる高血圧が、この一次性...

2020/11/1修正して更新肉好き・野菜嫌いは要注意!肥満には、リンゴ型肥満と洋ナシ型肥満の2種類あります。どちらも、食事や運動などの生活習慣を変えると治すのは可能ですが、放置すると、中年男性に多い内臓に脂肪が沈着するリンゴ型肥満は「メタボ・高血圧・糖尿病・動脈硬化・心筋梗塞・脳梗塞」などの生活習...

2020/11/1修正して更新糖質の高い食べ物を摂取すると血糖値は上昇しますが、身体の中にある「インスリン」という名のホルモンが、血糖値を2〜3時間かけて正常値に戻します。この「インスリン」の働きが正常作用しなくなったり、体内生成が出来なくなったりすると血糖値が上がったまま(高血糖状態)となります。...

2020/11/1修正して更新便秘は大きく2つに分けると、機能性便秘(腸管機能異常)と器質性便秘(腸管疾病)の2種類。機能性便秘は3種類に区分され、弛緩性便秘・痙攣性便秘・直腸性便秘に分れます。また、日本人の2/3の便秘は弛緩性便秘とされています。弛緩性便秘の予防と食材1.食物繊維の多い食生活に切り...

2020/11/1修正して更新冷凍食品・レトルト好きは要注意!勘違いしている方が多いのですが、食生活によるED(勃起不全)の原因は、ドロドロ血になり血液がペニスに流入しなくなるために勃起しなくなる現象です。近年、動脈硬化のサインとも言われており、心筋梗塞・脳梗塞を発症する原因です。参照元⇒死に至るE...

2020/11/1修正して更新乳製品・牛乳嫌いは要注意!ロコモティブシンドローム通称ロコモ、何らかの原因で思うような運動が出来なくなったり、加齢による筋肉の衰えで歩行困難などの運動障害を起こし「要介護状態」になることをいいます。炭水化物・脂質・タンパク質この3種類の栄養素は、身体のエネルギー源となり...

2020/11/1修正して更新原因症状対策前頭側頭型認知症脳の前頭葉・側頭葉の委縮年齢と問わず物忘れは殆ど見られず一般的な常識行動がなくなり集中力がなくなり同じ事を繰り返す行動をとる外出時に問題行動を起こすパターンが多いため身近な人のフォローが必要脳血管性認知症脳梗塞・脳内出血が主男性の発症例が多く...

2020/11/1修正して更新造血ビタミンの葉酸とビタミンB12は赤血球の製造と再生に関与しています。葉酸は赤血球の製造、ビタミンB12は葉酸を補助する働きがあるため、両方が存在しないと造血作用が阻害されます。そして、葉酸が体内での働きを活発化できるのはビタミンCの作用により活性型に変換されるからで...

2020/11/1修正して更新PMSの原因生理は卵胞期⇒排卵期⇒黄体期の周期で繰り返されますが、PMSは排卵後のエストロゲンとプロゲステロンの分泌量の違いによって発症すると考えられています。プロゲステロンは、体温上昇の働き・体内水分量を確保する働きがあるため分泌量が減少すると、この働きが阻害されるた...

2020/11/1修正して更新痛風・痛風予備軍の人は尿酸値が高くなりますが、機能性表示食品のアンセリン含有サプリは、尿酸値降下作用があることが試験結果から分かります。ヒト試験結果からみていきます。アンセリンのヒト試験結果尿酸値が高め(6.5〜8.0ml/dl)の成人男性31名を2つのグループに分け、...