トマトの病気予防効果!野菜の選び方

トマトの病気予防効果!野菜の選び方

トマトの病気予防効果⇒栄養価の高いトマトの選び方⇒オーガニック生産者の一言アドバイス⇒野菜の残留農薬を簡単に除去する方法⇒賢い主婦の節約技!ふるさと納税で野菜をもらう方法の順に確認下さい

トマト

【お知らせ】


 

●冷凍マグロの解凍方法

 

冷凍マグロの解凍は氷水 ! 急ぎの場合は温塩水

 

 

 

●パックご飯の安全な選び方

 

白米・玄米 パックご飯 無添加 ! 湯煎・レンジOK

 

 

2023/2/1修正して更新

 

 

トマトの病気予防効果

赤い色はリコピン成分、強力な抗酸化作用を持ち、多くの生活習慣病予防サプリ原料に使用されています。

 

また、赤い色はカロテンも含有。

 

その他、ビタミンB群、ビタミンC、整腸作用のあるペクチン、カリウム、クエン酸、ルチンなど

 

トマトは病気予防に欠かせない栄養素の塊と言っても良いです

 

出来れば週に1個は食べて欲しい野菜の一つです

 

また、トマトのリコピン成分は、そのまま食べるより、サラダレシピなどで調理すると吸収率が上がります。

 

リコピンの推奨摂取量は1日15mg-20mg程度(厚生労働省)、大きいサイズのトマト1個のリコピン含有量は約7-8mgとなります。

 

しかし、鮮度が悪いトマトになると、このリコピン含有量は減少します。

 

栄養価の高いトマトの選び方

【この位の赤色のトマトが良いです】

 

 

1.丸く固くいものは実が引き締まっています、角ばっているトマトは中身がスカスカの可能性大

 

2.赤くツヤのあるトマトがベター

 

3..ヘタがピンとして緑色のものがベター。ヘタの周りがひび割れているものは鮮度が悪い可能性大

 

4.手にとって重いものがベター 

オーガニック生産者の一言アドバイス

 

トマトの良い選び方は

 

水に付けると良いトマトは沈みます。買う前には確認出来ませんが!

 

関連ページ

 

野菜の残留農薬を簡単に除去する方法

 

野菜・果物の鮮度を保つ「P-プラス野菜保存用ジッパー袋」

 

2020!ふるさと納税 野菜 定期便 還元率 おすすめ