カセットコンロ アウトドア イワタニ おすすめ ! 防災グッズに必要

カセットコンロ アウトドア イワタニ おすすめ ! 防災グッズに必要

2022/5/1修正して更新

 

アウトドア用のカセットコンロは、防災グッズに必要です。

 

特に、自宅で避難生活している場合は必需品になります。

 

カセットコンロ+下記の方法であれば、高額な「フリーズドライご飯・そのままご飯・アルファ米」を購入する必要がありません。

 

また、東日本大震災の経験からカセットボンベは、15〜20本を目安に備蓄しましょう。

 

防災食の目安は4〜5日分、この日数は避難所・自宅避難者に対し、避難物資が届いた平均日数から算出しています。

 

 

 

オーガニック生産者の一言アドバイス

 

防災食は、ローリングストック法で別の方法を提案します・・・・

 

ローリングストック方式とは、食糧などの防災グッズを実際の人数よりも多めに備蓄しておき、消費した分だけ新しく買い足していく方法のことです。

 

この方法であれば、古いものから順に定期的に消費・買い足すことによって、常に鮮度の高い食糧などの防災グッズを確保できます。

 

また、食糧だけでなく使用期限のある乾電池やホッカイロなどの防災グッズにも応用することができます。

 

もっと詳しく知りたい時は・・・・

 

⇒農林水産省 : 企業(外部リンク)

 

お米は玄米で保存すると1年の保管が可能。

 

⇒お米の保管方法

 

また、災害時にカセットコンロさえあれば、ご飯を作ることが出来る玄米の炊き方。

 

⇒ルクルーゼ(鍋)での玄米の炊き方

 

 

 

また、賞味期限間近の缶詰・レトルト食品を利用すると経済的負担は、かなり減らせます。

 

⇒賞味期限間近の食品の利用方法

 

カセットコンロの選び方

 

カセットコンロは、家庭用・アウトドア用に分かれますが、防災グッズとして使う場合のポイントはアウトドア用を選ぶことです。

 

アウトドア用

 

アウトドア用のカセットコンロは、風よけ機能が付いているかがポイントです。

 

風よけ機能が付いていれば、風が吹いても火が揺れたり流れるのを抑えることができ、キャンプ・バーベキューなどで利用する場合に安全です。

 

風よけ アウトドア キャンプ 着火 ウインドスクリーン ウインドシールド 8枚 収納袋付き ウィンドウ ウィンドー ウインドー スクリーン 風除け バーベキュー コンロ カセットコンロ 1000円ポッキリ 送料無料
感想(31件)

 

家庭用

 

家庭用のカセットコンロは、とろ火機能・プレートが付け替えられるものを選ぶと色々な料理に使え便利。

 

とろ火機能があると鍋パーティーに使えたり、プレートが付け替えられるものは焼肉・たこ焼きなどの料理に使えます。

 

その他、燃費の良いエコタイプ・内炎式のバーナータイプが市販されています。

 

内炎式のバーナータイプは、熱を逃がしにくいのでおすすめです。

 

火力・燃焼継続時間

 

2.9kW(約2500kcal/h)以上タイプは、焼肉・大人数の鍋におすすめ。

 

また、カセットボンベ1本の「燃焼継続時間(使い続けられる時間)」もチェック。

 

カセットボンベ1本の燃焼継続時間は、1時間が目安になりますが、2時間使える商品も市販されています。

 

つまり、防災グッズとして使う場合の目安である15〜20本の備蓄は、1時間が目安となりカセットコンロを15〜20時間使用可能になります。

 

サイズ

 

幅30×奥行30cmのコンパクトサイズは、防災グッズ・1人用におすすめ、災害時の持ち出しも簡単です。

 

幅60×奥行40cm大型サイズは、大人数の焼肉・鍋におすすめ、一度にたくさんの食材が調理できます。

 

高さ10cm未満の薄型タイプは、安定感がありガタつきを気にせず使えるため、土鍋など重いモノを使う場合におすすめ。

 

安全機能

 

最低限、圧力感知機能(カセットボンベの圧力が上昇すると自動でガスを遮断する機能)+マグネット式(過熱時に自動で外れる)が付いているカセットコンロを選びましょう。

 

また、点火つまみが「消」になっていないとボンベの設置ができない・ボンベを接続する受け口部分を密閉し気密性が高い「容器受口加圧式機構」を備えているカセットコンロを選ぶと安全です。

 

カセットコンロアウトドア用イワタニ

 

 

カセットコンロ家庭用イワタニ

 

関連ページ

防災グッズ 経験者 スマホ充電 ! キャンプグッズ
東日本大震災の経験者です。防災グッズ スマホ充電器キャンプグッズとしても使えるものをピックアップしています。モバイルバッテリー・乾電池式充電器・ポータブル電源・小型電源タップ・・・・・
防災グッズ 携帯トイレは何個 経験者 ! キャンプグッズ
携帯トイレと簡易トイレの違い⇒防災グッズの携帯トイレは何個必要、東日本大震災で避難所に仮設トイレが届いた日数は3日以内34%・4〜7日以内は17%。1日にトイレに行く回数は平均5回・・・・・
防災グッズ ウェットティッシュ 経験者 ! キャンプグッズ
防災グッズのウェットティッシュは口腔ケア用ウェットティッシュ・ボディ用ウェットティッシュ・コインティッシュがあります・・・経験者の目線から使い方を解説、またキャンプグッズとしても活用されています
防災グッズ 水 どのくらい必要 経験者 ! キャンプグッズ
防災グッズの水はどのくらい必要か飲料水・生活用水・給水車と給水所の支給水に分け記載しています。キャンプグッズ20L給水タンク・ボトルありタイプと水道水補充型ウォーターサーバー・非常用飲料水袋
防災グッズ ランタン おすすめ 経験者 ! キャンプグッズ
キャンプグッズ必需品のランタン、防災グッズとして使う場合のおすすめは⇒キャンプ用ランタンの選び方⇒防災グッズ用ランタンの選び方⇒ランタンの明るさチェック方法⇒経験者のおすすめ懐中電灯としても使用できる2Wayタイプ
防災グッズ ヘルメット付きヘッドライト 経験者
防災グッズとして使うヘルメット付きヘッドライトの用途は、主に夜間の見回り・行方不明者の捜索に使います。ヘルメット付きヘッドライトの選び方⇒明るさ・最大照射距離・照射範囲・乾電池式・バッテリー式・ハイブリッド式・実用点灯時間