効果と使用量!柔軟剤 酢

効果と使用量!柔軟剤 酢

2020/9/16修正して更新

 

穀物酢を柔軟剤の代わりに使う方法

 

洗濯物が「ふっくら」しない理由は、洗剤のアルカリ成分が残ることによって、繊維の弾力性がなくなってしまうため

 

穀物酢は、アルカリ成分を中和し繊維の弾力性を保つ働きがあります

 

穀物酢を入れるタイミングは、柔軟剤と同じです

 

柔軟剤を使う時と同じで、柔軟剤の投入口に穀物酢を入れ、後はいつも通りの洗濯作業でOKです。

 

穀物酢の使用量は、水量に対し5%〜10%程度が目安。

 

穀物酢の匂いが洗濯物に残るのでは、思う方もいると思いますが・・・・・

 

試してみるとわかりますが、「しっかりすすぐ」事で匂いは残りません。

 

殺菌作用がある酢は、洗濯物などの嫌な臭いを取る「脱臭効果」があります。

 

匂いが強い洗濯物を、水量に対し10%程度の酢を入れた酢水に浸けてから普通に洗濯してください。匂いが取れやすくなります。

 

オーガニック生産者の一言アドバイス

 

 

 

宅配クリーニングを利用する時の注意事項

 

トラブル・クレーム減らす!宅配クリーニング選び方