産前産後 食事の宅配 ! 選び方のポイント

産前産後 食事の宅配 ! 選び方のポイント

2020/3/4修正して更新

 

妊娠中や産後は、赤ちゃんの世話などで負担がかかり過ぎてストレスになる方が多いですね。

 

そんな時に利用したいのが食事宅配サービス、管理栄養士がバランスのとれた「調理済みのおかず」を作って宅配で届きます。

 

「ごはん」は、BG無洗米を使えば全く洗わず炊飯器に適量の水を入れて、炊飯器にスイッチをいれるだけで炊くことができます。

 

この方法なら旦那さんでも食事の準備が簡単にできます。

 

⇒BG無洗米について詳しくは

 

 

産前(妊娠中)・産後の食事のポイント

 

産前(妊娠中)は、厚生労働省が葉酸摂取量を示すほど、葉酸摂取を推奨しています。

 

これは、レトルト食品・食品添加物・外食の摂取増により、葉酸・ビタミン・ミネラルの摂取量が年齢が若い方ほど減少し、神経管閉鎖症・神経管欠損症(NTD)の胎児先天性奇形の危険が増加しているためです。

 

⇒葉酸不足について詳しくは

 

 

 

産前(妊娠中)の食事は、母体+胎児の2人分の栄養を摂らなければなりません。

 

妊婦食事摂取基準(厚生労働省)では、通常時と比べると妊娠初期は+50kcal、中期は+250kcal、後期は+450kcalの食事を摂取するよう推奨しています。

 

 

妊産婦のための食事バランスガイド-厚生労働省:引用

 

また、産前(妊娠中)・産後に不足しやすい「たんぱく質」の摂取量も重要です。

 

妊娠していない時期と比較すると、妊娠中期は+10%、後期は+25%、授乳期は+20%摂取するよう推奨しています。

 

たんぱく質の食事摂取基準(厚生労働省)8ページ:引用

 

オーガニック生産者の一言アドバイス

 

ネットで検索すると色々な情報があるため、中には間違った情報も・・・・

 

下記は、産前産後の食事について厚生労働省が示している指針です。

 

⇒妊娠中と産後の食事について

 

⇒妊産婦のための食事バランスガイド

 

⇒これからママになるあなたへ!食べ物について知っておいてほしいこと

 

産前(妊娠中)・産後の食事宅配ランキング

 

「ウェルネスダイニング」第1位のポイントは・・・・・

 

管理栄養士に相談すると、献立の組み立て変更ができること

 

つまり「産前(妊娠中)・授乳中」であることを、お問い合わせから明記すれば、それに合わせ栄養バランスの良い献立を作って届けてくれます。

 

また、アレルギーがある場合も同様で、管理栄養士に相談すると、それに合わせて作ってくれるのでオススメです。

 

ウェルネスダイニング

 

お試しセット4.500円/7食⇒643円/食(税別)

 

ウェルネスダイニング

 

 

 

「ニチレイフーズダイレクト」第2位のポイントは・・・・・

 

臨床試験食を提供しているため、表示栄養成分どおりの宅配食である点。

 

産前産後の食事宅配にオススメなのは、たんぱく質25g以上の「気くばり御膳 パワーデリ」

 

ニチレイフーズダイレクト

 

気くばり御膳 パワーデリ972円/1食(税込)

 

ヘルシー食品、健康管理食をお届け。 今だけお得なお試しセットをご用意。
ニチレイだから安心の品質 ・ 管理栄養士に栄養相談可能

 

 

 

「わんまいる」第3位のポイントは・・・・・

 

食材は100%国産、食品添加物を使用していない点。

 

産前産後の食事宅配にオススメの、1食100KCal以下、塩分3.5g以下「健幸ディナー」のお試しセットがあること。

 

わんまいる

 

健幸ディナーお試しセット3.223円/5食⇒645円/食(税別)

 

健幸ディナー お試しセット

 

関連リンク

 

宅配食の選ぶポイント!糖尿病食などの制限食