残留農薬を除去する方法!野菜用洗剤 効果

正しい残留農薬を除去する方法

 

2020/1/5修正して更新

 

残留農薬の種類

日本で主に野菜・果物に使用されている農薬は、殺虫剤、殺菌剤、除草剤、殺鼠剤、植物成長調整剤、忌避剤、誘引剤、展着剤など

 

また、日本で使用禁止されている、ポストハーベスト農薬は、輸入野菜・果物に使用されています。

 

この、ポストハーベスト農薬の使用目的は、カビや害虫などの発生を防ぐ殺虫剤や防カビ剤などの薬剤です。

 

皮を取れば大丈夫?

確かに皮を取れば残留農薬は大きく軽減できます。

 

でも、ちょっと待って下さい。

 

ほとんどの野菜・果物は、皮や表面付近に病気予防効果の栄養素を多量に含んでいるのです。

 

詳細は、野菜・果物の病気予防効果にて確認下さい


残留農薬の落とし方

(1)重曹水で洗う

 

ボウルに水を張り食品用重曹をスプーン2〜3杯溶かし、1分ほど野菜を浸します。

 

そして流水(水道水)で洗い流します。

 

私は、試した事はないのですが、塩水や酢水でも同様の効果があるようです。

 

気を付けて頂きたいのは、長く浸すと水溶性の栄養素は溶けてしまうので1分を目安に実行して下さい

 

水道水に不安を感じている方は?

 

(2)茹でこぼす

 

野菜を茹で、そのお湯を捨てる方法です。

 

多くの菌や薬剤は熱に弱いため、効果があると思います。

 

しかし、時間がかかること、果物はできないこと、これをした後の調理方法が限られてしまうことなどを考えると、オススメ出来ません

 

(3)50℃洗いをする

 

50℃前後の熱い湯に野菜を浸す方法です。

 

試して頂くと納得するのですが、野菜の新鮮さが戻るため、一時期人気の方法になりました。

 

 

但し、野菜によって浸す時間が異なったり、43℃以下になると逆に菌が繁殖しやすくなる事が分ったために、実行する方は少なくなっています。

 

(4)流水(水道水)で洗う

 

基本の野菜洗いは流水(水道水)で30秒、しっかり洗うことです。

 

農薬は水溶性のものが多いので、じっくり洗うことである程度落とすことができます。

 

但し、水溶性でない農薬は落としにくいため、他の方法に比べると不安がある方が多いと思います。

 

水道水に不安を感じている方は?

 

(5)野菜専用洗浄水で洗う

 

99.9%の純水で作られたベジシャワーという野菜専用洗浄水があります。

 

野菜にスプレーして全体を揉み洗いしたら流水(水道水)で洗い流すだけ。

 

野菜洗いに最適なアルカリ濃度に設定されているため、残留農薬、添加物、放射性物質、そのほかの化学物質、O-157やサルモネラ、ウイルスといった病原菌もしっかり落とすことが可能です

 

⇒ベジシャワーの農薬洗浄効果と安全性について

 

ベジシャワー使い方

 

【すっきり洗菜ベジシャワー】

 

普通栽培で農薬使用量が多い野菜・果物
野菜

ブロッコリー
ほうれん草
トマト
セロリ
レタス
きゅうり

果物

いちご
ぶどう
りんご



オレンジ

残留農薬を除去する方法!野菜用洗剤 効果記事一覧

2020/1/5修正して更新「ベジシャワー」の洗浄効果と安全性について、ホントか嘘か検証しているページです。ベジシャワーの成分99.9%の水+0.1%の炭酸カリウムのみです。炭酸カリウムは、無農薬で野菜を作る農家でも「うどんこ病・灰色かび病・さび病・葉かび病」を防ぐための殺菌剤として使用され、有機農...