ブロッコリーの病気予防効果!野菜の選び方

ブロッコリーの病気予防効果!野菜の選び方

ブロッコリーの病気予防効果⇒栄養価の高いブロッコリーの選び方⇒オーガニック生産者の一言アドバイス⇒野菜の残留農薬を簡単に除去する方法⇒賢い主婦の節約技!ふるさと納税で野菜をもらう方法の順に確認下さい

ブロッコリー

【お知らせ】


 

●冷凍マグロの解凍方法

 

冷凍マグロの解凍は氷水 ! 急ぎの場合は温塩水

 

 

 

●パックご飯の安全な選び方

 

白米・玄米 パックご飯 無添加 ! 湯煎・レンジOK

 

 

2023/2/1修正して更新

 

 

ブロッコリーの病気予防効果

ビタミンCの摂取量は野菜の中でトップだと言っても過言はないでしょう。

 

他に、食物繊維、ビタミンではカロテン、ビタミンB群、ビタミンE、ビタミンUを、ミネラルではカルシウム、カリウム、鉄、マグネシウム、亜鉛、クロムを含有しています

 

特に、ブロッコリーの含有成分SMCS(S-メチルシステインスルホキシド)は、LDLコレステロール値140-180mg/dlの男女に2週間摂取したところ減少した研究結果があります。

 

鮮度が良いブロッコリーに換算すると、普通サイズのブロッコリーを1日3個食べた計算になります

 

また、最近の研究結果から発がん物質を解毒する効果を持つサルフォラファンも含んでいます。

 

「ブロッコリーとわさび」の食べ合わせでガンに勝てる!?

 

ブロッコリーが万病の元「脂肪肝」「肝臓がん」に効く!

 

ブロッコリーの洗い方

 

栄養価の高いブロッコリーの選び方

【粒が揃っていて、こんもりしてるものが良いです】

 

 

1.つぼみ小さく粒が揃って盛り上がっているもの

 

2.つぼみが綺麗な緑色のもの。黄色いものは鮮度が悪い証拠

 

3.茎に空洞なく切り口がみずみずしいもの。 

 

オーガニック生産者の一言アドバイス

 

ブロッコリーは、野菜の中で病気予防効果が高い栄養素がトップ。週に2.3回は食べて欲しい野菜です。

 

関連ページ

 

野菜の残留農薬を簡単に除去する方法

 

野菜・果物の鮮度を保つ「P-プラス野菜保存用ジッパー袋」

 

2020!ふるさと納税 野菜 定期便 還元率 おすすめ