野菜・果物の病気予防効果!選び方

野菜

野菜・果物の病気予防効果!選び方記事一覧

2020/1/5修正して更新キャベツの病気予防効果ビタミンC含有量が多いキャベツは風邪の予防・美肌効果・ストレス緩和。また、外葉には強い抗酸化作用を持つカロテン、カルシウム、食物繊維、血液凝固を助けるビタミンKも含んでいます。胃腸薬のキャベジンはキャベツのビタミンUを抽出し作られています。粘膜損傷を...

2020/1/5修正して更新きゅうりの病気予防効果カリウム含有量が豊富で9割以上が水分の野菜です。栄養価は決して高い野菜とは言えません。しかし、きゅうりは豊富なカリウムと水分が利尿効果を発揮し、むくみやだるさの解消に効果的。夏の暑さ・熱中症対策にぴったりの野菜です栄養価の高いきゅうりの選び方【きゅう...

2020/1/5修正して更新トマトの病気予防効果赤い色はリコピン成分、強力な抗酸化作用を持ち、多くの生活習慣病予防サプリ原料に使用されています。また、赤い色はカロテンも含有。その他、ビタミンB群、ビタミンC、整腸作用のあるペクチン、カリウム、クエン酸、ルチンなどトマトは病気予防に欠かせない栄養素の塊...

2020/1/5修正して更新かぼちゃの病気予防効果美肌・生活習慣病予防に効果的なカロテン・ビタミンC・ビタミンEが豊富また、かぼちゃのビタミンは加熱料理でも壊れないのでビタミン補給に最適な野菜です。食物繊維も豊富なので整腸作用・便秘予防にも最適栄養価の高いかぼちゃの選び方【ヘタが乾燥し周りがくぼんで...

2020/1/5修正して更新ゴーヤの病気予防効果苦味が苦手な方には評判の悪いゴーヤですが、コラーゲンの生成に欠かせないビタミンCが豊富。また、ゴーヤの苦味成分モモルデシンは食欲増進と血糖値の降下への効果がありますそして、最近の研究結果からゴーヤは癌に効くという論文が公表されています。ゴーヤはガン細胞...

2020/1/5修正して更新小松菜の病気予防効果カロテン、ビタミンC、カルシウム、鉄、食物繊維、カリウム、葉酸など沢山の栄養素が豊富に含むサプリメントのような野菜です。また、カルシウム量は群を抜いて多く、1/2束で牛乳1本分のカルシウム量を含んでいます。栄養価の高い小松菜の選び方【葉・株・根をしっか...

2020/1/5修正して更新里芋の病気予防効果里芋のぬめりは、たんぱく質、多糖類ガラクタン、食物繊維のマンナン。多糖類ガラクタンは胃の粘膜・腸の働きを活性化、血糖値や血中コレステロールを抑える働きがあります。塩分の取りすぎを抑えるカリウム含量も多く、むくみ防止に効果的。栄養価の高い里芋の選び方【里芋...

2020/1/5修正して更新なすの病気予防効果ダイエットには効果的な野菜です。ほとんど水分、低カロリー、ヘルシーな野菜の代表格です紫色の皮には、強い抗酸化作用を持つナスニンとアントシアニンが含まれコレステロール値を下げ、動脈硬化予防、血液をサラサラにしてくれる効果があります。コレステロール値を気にさ...

2020/1/5修正して更新ピーマンの病気予防効果苦味が嫌いで食べない子供が多いピーマンですが、レモン1個に相当するビタミンCが含有されています。また、ビタミンCの吸収を助けるビタミンPも含有、加熱調理でビタミンCが減少しにくいという個性的な野菜です。赤や黄色のパプリカは、ピーマンより栄養価が高く、...

2020/1/5修正して更新白菜の病気予防効果カロテン、ビタミンC、カルシウム、鉄、食物繊維、カリウムなど沢山の栄養素が豊富に含むサプリメントのような野菜です。ビタミンCとカリウムは水に溶けやすい特性を持っているので、鍋やスープ料理にする事で、栄養素を丸ごと摂取できます。栄養価の高い白菜の選び方【カ...

2020/1/5修正して更新ほうれん草の病気予防効果冬野菜の代表格のほうれん草は、βカロテン、ビタミンB群、ビタミンC、葉酸、カルシウム、カリウム、鉄、食物繊維などが豊富。サプリメントのような野菜の1つです。特に、βカロテンの含有量は群を抜き、粘膜や皮膚を強くしてくれる効果があります。栄養価の高いほ...

2020/1/5修正して更新ネギの病気予防効果ねぎに含まれる硫化アリルは血行をよくし、体を温める効果があり風邪や冷え性に良いです。また、血行がよくなるため代謝を促進、脂肪燃焼にも効果を発揮。ねぎのにおい成分硫化アリルは、体を温める効果の他に殺菌効果、肉・魚の消臭効果もあります。肉・魚を食べる時には匂...

2020/1/5修正して更新レタスの病気予防効果90%以上が水分。他にカロテン、ビタミンC・E、カルシウム、カリウム、鉄、亜鉛、食物繊維。また、レタスはイライラを抑えリラックス効果を高める成分が含有されています。寝酒のつまみに生レタス、ストレスで眠れない時は試す価値ありです。栄養価の高いレタスの選び...

2020/1/5修正して更新じゃがいもの病気予防効果主な成分は炭水化物、低カロリー、たんぱく質、ビタミンC、カリウム、食物繊維と栄養バランスが良いので、ダイエット食として活用されます。特に、ビタミンCの含有量は群を抜き、ビタミンCの供給源として活用できます。栄養価の高いじゃがいもの選び方【手の平に乗...

2020/1/5修正して更新大根の病気予防効果根にビタミンCと消化酵素のアミラーゼが豊富、消化を助け胸やけや胃もたれの解消効果があります。大根の辛い部分は?大根は、根に近い先端部分に近いほど辛くなります。逆に葉っぱに近い部分が甘くなります。栄養価の高い大根の選び方【一本買うときは葉が青々としているも...

2020/1/5修正して更新さつまいもの病気予防効果食物繊維とヤラピンが豊富、便秘解消効果があります。他に、カロテン、ビタミンB1、ビタミンC、ビタミンE、カリウム、カルシウム、皮の間には生活習慣病予防効果があるクロロゲン酸があります。栄養価の高いさつまいもの選び方【傷があるものは買わないように】1...

2020/1/5修正して更新れんこんの病気予防効果ビタミンC、カリウム、カルシウム、鉄、銅、ビタミンB1・B2、貧血予防に効果のあるビタミンB1・B2が豊富です。また、消化を助けるタンニン・ムチン、整腸作用のある食物繊維が多いので胃が疲れている時に食べたい野菜です。栄養価の高いれんこんの選び方【穴の...

2020/1/5修正して更新にんじんの病気予防効果野菜の中でもカロテン含有量が特に多いにんじんは、粘膜抵抗力を高め、風邪予防や美肌作りに効果を発揮また、造血作用があるので貧血・冷え性の防止効果があります。栄養価の高いにんじんの選び方【この位のオレンジ色だとカロテンの含有量豊富】1.皮のでこぼこがなく...

2020/1/5修正して更新たまねぎの病気予防効果タマネギの皮に含有量が多いケルセチンは、血圧を下げる作用が認められています。そして、辛み成分のアリシンと硫化アリルが豊富、アリシンには3つの効能があります。疲労回復、整腸作用、食欲増進効果また、血液をサラサラにし動脈硬化予防にも効果的。硫化アリルは、...

2020/1/5修正して更新ブロッコリーの病気予防効果ビタミンCの摂取量は野菜の中でトップだと言っても過言はないでしょう。他に、食物繊維、ビタミンではカロテン、ビタミンB群、ビタミンE、ビタミンUを、ミネラルではカルシウム、カリウム、鉄、マグネシウム、亜鉛、クロムを含有しています特に、ブロッコリーの...